当ブログについて


管理人よりお願い

喫煙にまつわることを書いておりますので、
喫煙可能な「20歳以上」の方が対象です。
喫煙が法律で禁じられている「20歳未満」の方は、
速やかに移動するか、ブラウザの「閉じる」で終了して下さい。

2017年4月21日金曜日

プエブロ・オレンジ


【手巻き煙草#0089】



2016年秋に発売された、ちょっと異色なプエブロです。


プエブロにはオリジナル、ブルー、オレンジと共に発売された、

ピンクがあって、いずれもの葉組がバージニア葉主体ですが、

今回のオレンジはジャワ葉とバーレー葉が主体だからです。









銘柄名が示す通り、オレンジ地のパウチ。

パステルカラーの他銘柄と比べて、濃い目の地色から、

何となく「パンチがありそう感」が漂っています。





パウチはファミリー共通の2ターン。

縦幅が小さめなので、ポーチを選ばないのも◎です。





付属ペーパーの箱色は、オリジナルのデザインのもの。

まだ開封していない時点から、ちょっと香ばしい香りがします。







銘柄の概要があるので、適当翻訳の出番です(笑)。


先の通り、ジャワ葉とバーレー葉が使用されていることが、

ここでも分かります。中盤以降は無添加&無香料の煙草で、

水しか使われていない…でしょうか(笑)。





葉の刻みと葉脚は、細めの長めはファミリー共通ですが、

全体に葉色が濃いめで、香ばしさが強めの香りがします。





付属ペーパーに関しては、プエブロ・ピンクのコラムを参照下さい。

プエブロ・ペーパー


容量30g/価格680円・グラム単価27.7円と安価な価格帯で、

購入しやすい無添加銘柄でもあります。

日本での販売元はインターコンチネンタル商事さんです。






まずは何も手を加えずに、付属のペーパーでフィルターなし。


煙がガツンと来て、吸い応えがあるなぁと感じました。

とは言っても、凄く重いという訳でもなく、スムーズさがあります。


無添加系の無加湿は、辛味が目立つケースが多いのですが、

良い意味で程良い辛味。プラスして甘味も感じることができます。

人によって、このままの状態でも良いのではないかと思いました。


その後は、加湿モード。辛味は和らいだものの、完全にではなく、

甘味が前に出て来ましたが、重めの喫味は大きな変化を感じませんでした。


無加湿、加湿後、いずれの形も、吸い終わった後の後味は、

煙草感が結構残って、爽快感はあまり感じることがないものの、

「煙草を吸ったぁ」という気分が強めに残りました。



紙巻き銘柄2・手巻き銘柄4で構成されているプエブロ。

都合6銘柄を一通り嗜んできましたが、紙巻きはオリジナル、

手巻きはブルーが、私としては好みと思いました。


ただ大きく差がある訳でなく、どれも良い味とも感じましたし、

無添加銘柄で4通りの選択肢があるのは嬉しい限り。

今後もお世話になりたいファミリーの一つです。


----------


余談


オリジナルとブルーに関しては、手巻き銘柄として、

コラムにしていないので、リライトする予定です。




※味や喫味の軽重などは、私の感覚です。

個人によって感じ方が違うので、参考程度にお考え下さい。



↓好みに応じて選べる無添加銘柄ファミリーです。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 愛煙・葉巻・タバコへ
にほんブログ村


0 件のコメント:

コメントを投稿